vagrant環境でwebpackがインストールできない

タイトルの通りです。

最近、ちょこちょこwebpackを使うことがあって仮想環境をいじっているのですが、まぁ面倒だこと。(笑

ソースコードのアップロードなどとてつもなく面倒なので、vagrantの仮想環境と自フォルダで共有をかけているのだが、その共有フォルダが問題でwebpackがインストールできないということ。

Windowsは、https://kengotakimoto.com/post-2907/に教えてもらって問題解決したのですが、Macintoshは同じようにできない・・・。

諦めかけていたところ、「mount –bind すればよいよ」と教えてもらいました!

https://qiita.com/hakomikan/items/860bb960699889849933

これでMacintosh開発環境も、気持ちよく(?)webpack使えています。

WordPressやMT、PHPなどのコーディングが仕事の中年おじさんです。 趣味でバンド(ギター&ボーカル)もやっていて、海外ドラマ(特にSFモノ)が大好きです。 いろいろまとめておくためにブログを立ち上げまっす!MASU!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA